> ENGLISH

  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • モータースポーツ
  • チケット
  • インフォメーション
小さくても真剣に遊ぶ!

REPORT レポート&受賞者

“DE耐!”トップページレポート&受賞者2014 “DE耐!” 6月21日(土)ファイナルイベント レポート

2014 “DE耐!” 6月21日(土)
ファイナルイベント レポート

運を引き寄せた【#86 SURFBUMハラファクトリー】が最多周回数賞を獲得!

2014“DE耐!”6月21日(土)ファイナルイベント レポート 2003年に始まり、12年目を迎えた“DE耐!”。6月21日(土)は、DE耐!クラスとNSF100クラスにエントリーしたチームがMotoGP日本グランプリの舞台にもなるツインリンクもてぎ国際レーシングコースを思いっきり走り回った。

ポールポジションを引き当てた幸運なチームは【#10 モトアディクツ&モトナビ】だった。2番手に【#43 Team GOLDWIN】、3番手に【#25 Mガレージ&港北測量】、4番手に【#44 プチファイヤーガレージ】、5番手に【#57 チーム エイチワン コオリヤマ】というグリッドだった。

2グループに分かれて予定時刻の10:00に7時間先のゴールを目指してスタートが切られた。オープニングラップの最終コーナーを立ち上がりトップで戻ってきたのは6番手グリッドスタートの【#12 もて北仲良し同走会(雑な方)】、これに【#44 プチファイヤーガレージ】がホームストレート並び、2台がトップ争いを展開。少し間を開けて3番手には24番手グリッドから追い上げてきた【#29 コロコロ肉肉RT】、4番手に【#2 チームオレンジ+NISSIN】、5番手に【#14 ダイレクトドットコムレーシング】と続いて行く。その後、【#14 ダイレクトドットコムレーシング】がトップ争いに加わって行きトップ争いは、三つ巴の戦いとなる。

しかし、その後はピットインのタイミングで順位が入れかわるものの1時間が経過した時点では【#86 炭火焼同好会サンチュ組】、2時間では【#86 SURFBUMハラファクトリー】、3時間では【#86 SURFBUMハラファクトリー】、4時間では【#86 炭火焼同好会サンチュ組】、5時間では【#86 炭火焼同好会サンチュ組】と、2チームの駆け引きが続く。

しかし、終盤は波乱の展開が待っていた。間もなく残り1時間を迎えようとしていたころ雨粒が落ちてくる。6時間が経過した時点では、【#52 hide】が108周でトップ。【#58 スナックゆき&OZW&Do3R】、【#86 SURFBUMハラファクトリー】も同一周回、107周で【#86 炭火焼同好会サンチュ組】が続いていた。その後、雨足は強くなり路面は完全にウエットコンディションとなる。そして残り40分というところでトップを走っていた【#52 hide】が4コーナーで痛恨のストップ。これで【#58 スナックゆき&OZW&Do3R】がトップに浮上するがペースを上げられないでいた。その背後には【#86 SURFBUMハラファクトリー】が迫って行き、115周目に【#58 スナックゆき&OZW&Do3R】をかわして【#86 SURFBUMハラファクトリー】がトップに浮上する。その後、【#58 スナックゆき&OZW&Do3R】も4コーナーでストップしてしまい燃費計算で明暗が分かれる結果となる。これでトップの座が安泰となったかと思われた【#86 SURFBUMハラファクトリー】だが、時折エンジンが吹けず、スローダウンする場面も見られたが、何とかトップのままチェッカーフラッグを受け最多周回数賞を獲得した。

「(ガソリン給油の)チケットは1枚残しで行くことは予定通りでした。ただ、5回目のピットインで燃費の目処がついたのですが最後のスティントは、雨対策をしていなかったので水を吸ってしまい、エンジンが吹けたり吹けなかったりしていました。中盤までは、厳しいかと思っていましたがライバルがスローダウンしてくれたので助かりましたが最後はヒヤヒヤでした。最後にピットインした直後に雨が降ってくれたので、そこで差がついたと思いますし幸運でした」と【#86 SURFBUMハラファクトリー】の原幸一氏。

NSF100クラスのトップ争いは、【#2 チームオレンジ+NISSIN】と昨年、総合優勝を果たしている【#1 RS栃木三人娘+リベルトRT】の一騎打ちとなったが【#2 チームオレンジ+NISSIN】が1周差で最多周回数賞に輝いた。

「計算的に燃費はかなりキツかったので、最後の雨はラッキーでした。もしドライコンディションだったら完走できたかどうか分かりませんでしたから。あと3人とも走るときに同じペースで走るライダーがいたのでスリップストリームを使い合うことができ、いいペースで走れましたから」と【#2 チームオレンジ+NISSIN】の直井崇選手。

総合2位となるDE耐!優秀周回数賞には【#86 炭火焼同好会サンチュ組】が続き、NSF100クラスの【#2 チームオレンジ+NISSIN】【#1 RS栃木三人娘+リベルトRT】をはさみ【#14 ダイレクトドットコムレーシング】、【#52 hide】、【#44 プチファイヤーガレージ】という順でチェッカーフラッグを受けた。

イベント終盤に雨が振ってきたが、それも耐久の醍醐味。最後は、各チームにノンアルコールシャンパンをお配りし、表彰式で盛り上がり2014年の“DE耐!”初日はフィナーレとなった。

※写真をクリックすると、拡大画像をご覧いただけます。

2014“DE耐!”6月21日(土)ファイナルイベント レポート 2014“DE耐!”6月21日(土)ファイナルイベント レポート 2014“DE耐!”6月21日(土)ファイナルイベント レポート 2014“DE耐!”6月21日(土)ファイナルイベント レポート 2014“DE耐!”6月21日(土)ファイナルイベント レポート 2014“DE耐!”6月21日(土)ファイナルイベント レポート 2014“DE耐!”6月21日(土)ファイナルイベント レポート 2014“DE耐!”6月21日(土)ファイナルイベント レポート
 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish