> ENGLISH

  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • モータースポーツ
  • チケット
  • インフォメーション
小さくても真剣に遊ぶ!

REPORT レポート&受賞者

“DE耐!”トップページレポート&受賞者2009 “DE耐!” 5月16日(土)ファイナルイベント レポート

2009 “DE耐!” 5月16日(土)
ファイナルイベント レポート

2009 “DE耐!”5月16日(土)ファイナルイベント レポート 開催7年目を迎えた小さなBikeの大きなお祭り 2009 誰でもエンジョイ耐久 “DE耐!”。2日目となる4月27日(日)は157チームが出走。前日より気温も上がり、ゴールデンウイークらしい、すがすがしい青空が広がった。

予定通り11時にスタート。ホールショットを奪ったのは4番手グリッドの【#34鎗田鈑金・中川商店二輪車部】。これに3番手グリッドの【#24STRATOS・ドリーム】、【#100アルタイヤレーシング】と続いていく。しかし、オープニングラップをトップで戻ってきたのは【#3モトレーシング】。以下、【#135モトハウスマツモト@ベスラ】、【#13SHOKEN&MEIWA】、【#120テクニカルスポーツ関東】とガラリと上位は入れ替わって2周目に突入していく。

スタートして1時間というところで、S字コーナーで転倒車がコースに残ったためにセーフティーカーが入り、最初のフルコースコーションとなる。さらに2時間経過したところで2回目、そのフルコースコーション解除直後にもアクシデントが起き、序盤に3度のセーフティーカーが入る展開となった。

そんな波乱を尻目に折り返しとなる3時間半が経過したところで【#123ガレージaz&PLUSONE】がトップに立ち、その座をキープするが、残り23分というところでガソリン補給のためにピットイン。これでトップに立った【#3モトレーシング】、そして約1分差で【#68Velocity Riders】が同一周回で続き、このままチェッカーかと思われた。しかし、7時間まであと僅かというところで【#3モトレーシング】がガス欠でスローダウン。2コーナーから3コーナーの間だったため、ピットに戻れず万事休す。【#68Velocity Riders】が123周を走りきり最多周回数賞を獲得する劇的なフィナーレとなった。

【#3モトレーシング】は122周で優秀周回賞2位、【#123ガレージaz&PLUSONE】も優秀周回賞2位となった。優秀周回数賞3位は【#28YSSレーシングアクティビティ】、【#1RH松島&キタコ&モト・チャンプ】が獲得した。

※写真をクリックすると、拡大画像をご覧いただけます。

2009 “DE耐!”5月16日(土)ファイナルイベント レポート 2009 “DE耐!”5月16日(土)ファイナルイベント レポート 2009 “DE耐!”5月16日(土)ファイナルイベント レポート 2009 “DE耐!”5月16日(土)ファイナルイベント レポート 2009 “DE耐!”5月16日(土)ファイナルイベント レポート 2009 “DE耐!”5月16日(土)ファイナルイベント レポート 2009 “DE耐!”5月16日(土)ファイナルイベント レポート
 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish