EN | JP

Honda Collection Hall > 企画展 > MotoGP™特別展示『Honda WGP初挑戦の軌跡〜世界のライバルたち〜』

企画展

MotoGP™特別展示『Honda WGP初挑戦の軌跡〜世界のライバルたち〜』

ホンダ初の海外参戦マシンと海外レーサーを比較展示
大いなる挑戦の第一歩をご紹介いたします!

ホンダは1954年に初めての国際レース「ブラジル・サンパウロ市400年記念モーターサイクルレース」に参戦し、13位完走しました。ここで海外のオートバイメーカーとの技術差を痛感した本田宗一郎は、当時もっとも過酷なグランプリレースのひとつとして有名だった「マン島TTレース出場」を宣言します。今回はホンダの海外初参戦マシンと当時活躍していた海外レーサーを展示し、その宣言がいかに大きな挑戦であったかをご紹介いたします。

MotoGP™特別展示『Honda WGP初挑戦の軌跡〜世界のライバルたち〜』
展示期間 :
2018年9月13日(木)〜12月10日(月)
展示場所 :
Honda Collection Hall 1階ロビー奥

展示車両

  • ホンダ R125(1954年)
    ホンダ R125(1954年)
  • BMW RS レンスポルト(1954年)
    BMW RS レンスポルト(1954年)
  • DKW 3気筒(1954年)
    DKW 3気筒(1954年)
  • AJS 7R3A(1954年)
    AJS 7R3A(1954年)
  • モンディアル 125GP(1956年)
    モンディアル 125GP(1956年)

※展示期間と内容は予告なく変更になる場合がございます。

<<企画展トップへ

 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish