> ENGLISH

  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • モータースポーツ
  • チケット
  • インフォメーション

Honda Collection Hall > これまでの企画展 >52年ぶりの再会〜よみがえる幻の国産スポーツカー〜

これまでの企画展

52年ぶりの再会〜よみがえる幻の国産スポーツカー〜

ホンダが初めて手掛けた四輪車である「ホンダスポーツ360」と、トヨタの研究実験車「トヨタパブリカスポーツ」を初展示いたします。
この2台は1962(昭和37)年に開催された第9回全日本自動車ショーに出展され、ともに市販化されることのなかった国産スポーツカーです。
すべて解体されたホンダスポーツ360は復刻プロジェクトとして、また、現存していなかったトヨタパブリカスポーツは復元プロジェクトとして現代によみがえりました。
幻の国産スポーツカー2台が52年の時を経て、Honda Collection Hallで再会を果たします。
*協賛:トヨタ博物館、杉浦康之氏、一般社団法人日本自動車工業会、株式会社カーグラフィック、伊東和彦氏

52年ぶりの再会〜よみがえる幻の国産スポーツカー〜
展示期間 :
2014年12月12日(金)〜2015年4月8日(水)
展示場所 :
Honda Collection Hall 2、3階中央エリア
展示車両 :
・ホンダ スポーツ360(復刻車/1962年)
・トヨタ パブリカスポーツ(復元車/1962年)*協賛:トヨタ博物館
・ホンダ S500(1964年)
・トヨタ スポーツ800(1965年)
・ホンダ S800(1966年)
・トヨタ スポーツ800 レース仕様車(1967年) *協賛:杉浦康之氏
・ホンダ S800 RSCレース仕様車(1968年)

展示車両

52年ぶりの再会 第9回全日本自動車ショー(1962年)に出展された2台が、52年ぶりに再会を果たします。

スポーツカーをみんなの手に 全日本自動車ショーを経て発売された2台は、廉価で高性能なスポーツカーでした。

レースへの挑戦 小さな2台のスポーツカーは、レースの世界で大排気量マシンを相手に活躍しました。


※展示期間、展示車両などは予告なく変更する場合がございます。
<<企画展トップへ

 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish