> ENGLISH

  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • モータースポーツ
  • チケット
  • インフォメーション

Honda Collection Hall > これまでの企画展 > ピピラのGo!Go!ゴールデンウィーク 働くクルマ大集合!Honda Collection Hall編

これまでの企画展

ピピラのGo!Go!ゴールデンウィーク
働くクルマ大集合!Honda Collection Hall編

Honda Collection Hallでは、ツインリンクもてぎゴールデンウィークイベント「ピピラのGo!Go!ゴールデンウィーク」に合わせ、「働くクルマ大集合 Honda Collection Hall編」を開催いたします。

 展示期間:4月28日(土)〜5月6日(日)

◇パート1:〜ATV特集〜
Hondaが製造したATVを展示いたします。またご自由にお乗りいただける車両もご用意いたしました。ATV(All Terrain Vehicle:全地形走行車)とは、農場や牧場などでの業務用車両として、またスポーツやレジャー用としても使われている四輪バギー車です。Hondaは1984年よりATVを主に海外で販売しております。

展示場所: Honda Collection Hall 1階ロビー
展示車両: FOURTRAX 200X (1992年) メキシコ
TRX450S (1998年) アメリカ
乗車可能車両: FOUR TRAX RINCON TRX680FA (2006年) アメリカ

◇パート2:〜ビジネスバイク特集〜
1958年に初代モデル「スーパーカブC100」を発売して以来、世界中の多くの皆様にお乗りいただいているビジネスバイク「スーパーカブ」シリーズをはじめとした、世界で働くHondaのビジネスバイクを展示いたします。

展示場所: Honda Collection Hall 2階中央エリア
展示車両: ニュースカブ C90M (1972年) 日本
EX-5 (1987年) マレーシア
ウェーブα (2002年) ベトナム
ウェーブII型 (2004年) 中国
ポストオフィスカブCT110 (2005年) オーストラリア
プレスカブ50デラックス (2005年) 日本

展示車両

パート1:〜ATV特集〜

FOURTRAX 200X (1992年) メキシコ

FOURTRAX 200X (1992年) メキシコ走る楽しさを感じさせる外観デザインに加え、軽快な走りをもたらす4サイクル単気筒199ccSOHCエンジンを搭載。前進6段ミッションとマニュアルクラッチにより、コントローラブルなスポーツライディングを楽しめる。前後のサスペンションは十分なホイールストロークを確保し優れた路面追従性を実現している。さらに、前・後輪の液圧式ディスクブレーキや、キックスターター連動デコンプレッション機構など、ユーザーの使われ方を考慮した装備がなされている。

TRX450S (1998年) アメリカ

TRX450S (1998年) アメリカ様々な実用作業において、便利で快適に仕事が出来るよう新開発されたモデル。最も使用頻度の高い低・中速域のトルクを上げ、低回転でつながる遠心式自動クラッチと、スーパーローギヤを含む5段ミッションの組み合わせにより、実用作業のあらゆる場面で扱いやすいものとなった。またタイヤサイズは25インチで、最低地上高を確保するとともに、オフロードでの走破性を高めた。そのほか、実用作業環境を考慮して電気ヒーター付きのキャブレターを採用することにより、低温時のエンジン始動性やアイドリングの安定性が向上し、冬期の使用でもスムーズな運転が可能となっている。

パート2:〜ビジネスバイク特集〜

ニュースカブ C90M (1972年) 日本

ニュースカブ C90M (1972年) 日本ホンダスーパーカブに新聞配達専用の装備を施したモデル。防水性のバッグや大型キャリアを装備し、300〜350部の新聞を積載可能。設置面積が大きく、ぬかるみでもめり込まないサイド・スタンド付。頻繁な発進・停止に合わせ、ブレーキ・ライニングの材質を強化、標準車の2倍の性能を持つ強力バッテリーを搭載した。

ポストオフィスカブCT110 (2005年) オーストラリア

ポストオフィスカブCT110 (2005年) オーストラリアオーストラリアで使用されている郵便局仕様車。1981年に日本で発売され、レジャー兼商用車として人気を博したCT110をベースとしている。力強いエンジンと小型・軽量な車体、5.5リットルの大型燃料タンク、大型リアキャリアなどの装備をそのまま採用。日本仕様と同様、副変速機は省かれている。

※展示期間と展示車両は予告なく変更する場合がございます。

<<企画展トップへ

 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish