> ENGLISH

  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • モータースポーツ
  • チケット
  • インフォメーション

Honda Collection Hall > これまでの企画展 > ツインリンクもてぎ開業15周年記念展示『'90s Racing Collection』 第1回 スーパーバイクレースinもてぎ・スーパー耐久編

これまでの企画展

ツインリンクもてぎ開業15周年記念展示『'90s Racing Collection』
第1回 スーパーバイクレースinもてぎ・スーパー耐久編

ツインリンクもてぎ開業15周年記念展示『'90s Racing Collection』

第1回
◇2012 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第1戦 スーパーバイクレースinもてぎ 開業15周年記念大会
◇スーパー耐久シリーズ2012 第2戦 もてぎスーパー耐久 開業15周年記念大会

展示期間: 3月24日(土)〜4月29日(日)
展示場所: Honda Collection Hall 3階 中央エリア
展示車両: NSR250(1997年)加藤大治郎
[1997年全日本ロードレース選手権GP250クラス・シリーズチャンピオン車]
シビック タイプR(1998年)山本泰吉/辻本聡/嶋村馨
[1998年スーパー耐久十勝24時間レース優勝車]
 ※1
※1
これまで「スーパー耐久シリーズ2012 第2戦もてぎスーパー耐久 開業15周年記念大会」に合わせ展示してまいりましたシビックType R (Race Spec Car)1998年[スーパー耐久 ST-4クラス参戦車]は、デモンストレーション走行前のメンテナンスのため4月11日(水)以降、下記の車両へと変更させていただきます。

シビックSi-R(1990年)中子修/岡田秀樹
[1990年全日本ツーリングカー選手権クラス3出場車]

また、シビックType R (Race Spec Car)1998年[スーパー耐久 ST-4クラス参戦車]のデモンストレーション走行につきましては、後日お知らせいたします。

展示車両

NSR250 1997年 全日本ロードレース選手権 GP250クラス参戦車

『無鉛ハイオク仕様の新型エンジンを搭載しシリーズチャンピオン獲得』
NSR250(1997年)全日本ロードレース選手権は1997年より環境に配慮し、使用燃料を無鉛ハイオクガソリンとした。GP250クラスに参戦したNSR250は、それまでのレース専用燃料との違いによるエンジンパワー低下が想定されていたが、その問題を克服。また、フレームやカウルデザインも前年型から一新した。

このマシンを駆る加藤大治郎は、第2戦から4連勝。以降も全戦表彰台登壇を果たし、自身初のシリーズチャンピオンに輝いた。そしてHondaにとって1994年以来3年ぶりのタイトル獲得となった。

シビックSi-R 1990年 全日本ツーリングカー選手権グループAクラス3参戦車

『V-TECエンジンを搭載したシビックSi-Rでホンダが4年連続のメーカータイトル獲得』
シビックSi-R(1990年)1985年から開催された全日本ツーリングカー選手権に初年度からシビックでクラス3(排気量:1,600cc以下)に参戦していたホンダは、1989年までの通称グランドシビックSi(型式:EF3)に代え、1990年の開幕戦からV-TECエンジンを搭載したシビックSi-Rを投入した。
デビュー戦をクラス1-2-3位と表彰台を独占すると、その後も第3、5戦でもクラス1-2位を飾るなど活躍。ホンダは1987年から4年連続となるメーカータイトルを獲得した。
展示車両のシビックSi-Rに乗る中子修/岡田秀樹組は、シーズン2勝を挙げ、ドライバーズタイトル3位に輝いている。

※展示期間と展示車両は予告なく変更する場合がございます。

<<企画展トップへ

 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish