> ENGLISH

  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • モータースポーツ
  • チケット
  • インフォメーション

ツインリンクもてぎ2&4レース

トップページ > JSB1000 見どころ&注目ライダー

JSB1000 見どころ&注目ライダー

混迷を極めるチャンピオンシップ

現在、JSB1000クラスのランキングトップは津田拓也(ヨシムラスズキMOTUL)。
しかし、今シーズンのJSB1000クラスのチャンピオンシップは混迷を極めている。
絶対王者、中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が3戦連続で転倒したことでランキングはまさかの17位。中須賀に代わってタイトル争いを演じているのは、津田、そして渡辺一馬(Kawasaki Team GREEN)、高橋巧(MuSASHi RT HARC-PRO. Honda)だ。
95ポイントの津田から3位につける高橋までのポイント差は僅かに3ポイント。JSB1000クラスが残り5レースであることを考えると、この差はほぼないに等しい。
ポイント差を考えれば、チャンピオン争いは最終戦鈴鹿までもつれることは間違いない。タイトル獲得へ向けて後半戦をいい形で迎えたいライダーたちによって、第6戦ツインリンクもてぎ2&4はこれまで以上に激戦が予想される。

タイトル獲得へ、激戦必至もてぎラウンド
注目ライダー

  • 津田拓也津田拓也
  • 渡辺一馬渡辺一馬
  • 高橋巧高橋巧
  • 中須賀克行中須賀克行
津田拓也(ヨシムラスズキMOTUL)
後半戦をランキングトップで迎えるのは、2017年フルモデルチェンジを果たしたスズキGSX-R1000を操る津田だが、前半戦は我慢のレースばかりだったのだという。
「(第2戦鈴鹿で)ステップが取れたり、トラブルがあったりしたなかでのレースでした。攻めのレースっていうのはできていないんです。第4戦もてぎでは体調不良で40度の熱があって、薬で熱を下げながらのレースウイークでしたし。そういうかみ合わなかった部分を、後半戦で合わせていきたいです」
「毎年チャンピオンを目指してやっていますが、今回は運よく周りの脱落にも助けられる形で、シーズンの折り返しをこういうフラットな状態で迎えられます。誰もがチャンピオンを狙える位置にいるので、リスタートする気持ちでヤマハやHondaに挑んでいけるバイクを造りたいですね」
渡辺一馬(Kawasaki Team GREEN)
ランキング2位につける渡辺は2017年シーズン、Hondaからカワサキにマシンを乗り換えた。未勝利ではあるものの、表彰台を2回獲得するなど堅実にポイントを重ねている。渡辺は今シーズンを戦う改良型カワサキZX-10RRについて「とてもいいバイク」と評価する。
「違和感などは全くなく、とてもいいバイクだなと思って乗れています。ただ、まだ最大限のパフォーマンスを引き出しきれてないんじゃないかなとも思います」
「もっといい走りができるバイクだと思うので、僕がライダーとしてもっとあのバイクのいいところを使って引き出してあげたいなとは思っています」
高橋巧(MuSASHi RT HARC-PRO. Honda)
新型となったHonda CBR1000RR SP2で2勝を挙げているランキング3位の高橋は、第5戦オートポリスではマシントラブルによりリタイアとなったものの、「前半戦はいい形で進められていた」と言う。
「前半戦で2勝できて、新型のポテンシャルみたいなのも証明できていたと思います。ただ、真っ向勝負して勝ったレースがないので、しっかり勝負していたらどうなっていたかわからないですね」
「(チャンピオンシップの)ポイント差としては3ポイントくらいしかないので、まだ5レースあるし、心配はしていないです。最初の3戦で差を広げたので、そのままいきたかった気持ちはありますが、そこはまた(気持ちを)切り替えていきます。1戦1戦勝てばチャンピオンが獲れると思うので、優勝だけを目指していきたいですね」
中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
一方、不本意な成績に沈んだディフェンディングチャンピオン、中須賀は後半戦に向けていい形で前半戦を締めくくることができたと語る。
「調子は悪くないです。ただ、タイヤが16.5インチから17インチになったことが、16.5インチで造り込んできたバイクと、僕自身のライディングスタイルに合わなかったのだと思います」
「でも、第4戦もてぎから少し仕様変更をして、それがオートポリスでの結果に結びついた。これは後半戦につながるいいレースだったんじゃないかなと思います」
「今年はチャンピオン争いとしては非常に厳しくなりましたが、まだまだ諦めていません。1戦1戦勝ちにこだわってやっていきたいです」
ヨシムラの津田、カワサキの渡辺、Hondaの高橋の三つどもえに、ヤマハの中須賀がどう食い込んでいくか。後半戦の序章となる全日本第6戦ツインリンクもてぎ2&4から目が離せない。

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish