> ENGLISH

  • モータースポーツ
  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • チケット
  • インフォメーション

ツインリンクもてぎ2&4レース

トップページ > 忘れられない、あの瞬間 > 玉田誠

忘れられない、あの瞬間
ツインリンクもてぎ20周年企画

第8回:玉田誠

玉田誠

1994年に九州選手権でチャンピオンを獲得し、1995年から全日本ロードレース選手権でデビューした玉田誠。2003年から5年間、ロードレース世界選手権MotoGP™に参戦し、2004年のMotoGP™日本GPではバレンティーノ・ロッシを下し、ポールトゥウイン。世界のトップライダーの仲間入りを果たした。

そんな玉田がもっとも印象に残っているツインリンクもてぎでのレースは、ロッシとの対決ではなく、2000年の全日本ロード最終戦だった。

「もてぎのレースで一番思い出に残っているのは、2000年の全日本最終戦、スーパーバイクで岡田(忠之)さんに勝ったレースです。自分は九州のRSCホンダのサテライト、岡田さんはラッキーストライクHondaのファクトリーチームでした。GPライダーに勝ったことで、自信がつきました。それと、大きなバイクのアクセルの開け方がそのレースで分かったんです。バイクはRVFでした。もてぎのコースの特徴的な低速コーナーからの直線という状況で、理解できたことがありました。自分にとって、あのレースは大きなターニングポイントでしたね」

一方、ツインリンクもてぎでロッシを下したことについては、勝った喜びよりもホームレースで勝たなければならないというプレッシャーの方が強かったようだ。

「もちろん、グランプリでの優勝も素晴らしい思い出です。ロッシに勝ったと周りには言われますが、自分としてはロッシとバトルした訳ではないので、そういう思いよりも、そこまでの自分とマシンとタイヤの調子よさとホームコースでのレースで『勝たない訳にはいかない』、『ここで勝たなくてどこで勝つんだ?」という気持ちでした。ロッシのことは序盤に抜いてそれからは離れてしまったので、勝った感じはしませんでしたね。接近戦での勝利の方が、勝った気分は強いですね」

現在は東南アジアでライダーの育成に関わっている玉田。最後に次のような言葉を残した。

「初めてのもてぎのレースは全日本の250ccクラスでした。S字でハイサイド転倒してしまったのを覚えています。あれから20年、早いですね。今は、東南アジアのライダーを育てる立場でレースに関わっています。若い東南アジアのライダーがもてぎで活躍できるように頑張ります」

  • 2004年MotoGP™日本GPでロッシを破って優勝を果たした玉田誠

    2004年MotoGPtrade;日本GPでロッシを破って優勝を果たした玉田誠

  • 2007年のMotoGP™ツインリンクもてぎでの玉田誠

    2007年のMotoGP™ツインリンクもてぎでの玉田誠

忘れられない、あの瞬間 TOPへ

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish